Bathurst + Ohkuma

Sister Cities for 30 years

In December 1989 a delegation from the town of Ohkuma in Fukushima Prefecture arrived in Australia looking for a suitable regional city with which to form a partnership. Bathurst was selected and a group arrived the following year under the newly named “Ohkuma Wings Towards the 21st Century” project. On 25 March 1991 the Sister City Agreement was signed by Mayors Ann Ashwood and Shuro Shiga, formalising the relationship between the two cities.

Since 1991, this relationship has become deeper and closer. Many delegations and a large number of students have travelled and participated in an enriching cultural exchange and the Ohkuma Japanese Garden was completed in Bathurst in March 1998, built under the direction of Mr Hideaki Matsumoto.

The Great East Japan Earthquake of 11 March 2011 brought enormous damage to Ohkuma and the subsequent radiation from the damaged Fukushima nuclear power station caused the evacuation of the town. These events were the cause of much sadness to the citizens of Bathurst, and their thoughts were with their Sister City in this terrible time.

The ‘Ohkuma Wings of Hope’ tours resumed in 2012 and have continued, including in Bathurst’s bicentenary year of 2015 when the Sister City Agreement was resigned by Mayors Gary Rush and Toshitsuna Watanabe.

2021 brings two milestones, the 10th anniversary of the Great East Japan Earthquake, commemorated by a tree planting at the Ohkuma Japanese Garden in Bathurst, and by the signing of a renewed Sister City Relationship by Mayors Bobby Bourke and Jun Yoshida and the planting of a cherry blossom tree in the new park in Ohkuma.

Bathurst is proud of the significance of its ongoing ties with Ohkuma and of the Sister City relationship, and it is hoped that this positive and meaningful engagement will continue to grow and to enrich both communities.
1989年12月福島県大熊町から派遣団がオーストラリアに来て、交流関係を持つべき適切な地方都市を探しました。そしてバサーストが選ばれ、翌年、新たに「21世紀の翼」と名づけられた事業が始まり、派遣団がやってきました。1991年3月25日に アン•アッシウッド バサースト市長と志賀秀朗 大熊町長による姉妹都市協定締結の調印が行われました。

1991年以来姉妹都市関係はより深く、親密になり、多くの派遣団が送られ、数多くの学生の交換があり、豊かな文化交流が行われてきました。1998年には松本英明氏の指導の下に大熊日本庭園がバサーストに造園されました。

2011年3月11日の東日本大震災は大熊に甚大な被害をもたらしました。続いて起こった福島原子力発電所事故による放射能のため、町民は全員避難せざるを得なくなりました。この出来事はバサースト市民に深い悲しみとして受け取られ、この悲惨なときにバサースト市民は同情と援助を姉妹都市に送りました。

震災のためいちじ停止していた「希望の翼」が2012年に再開し、バサースト200年祭の2015年にはギャリー•ラッシ バサースト市長と渡辺利綱 大熊町長により姉妹都市提携協定書の再署名が行われました。

2021年には2つの記念すべき佳節を迎えました。一つは東日本大震災10年であり、もう一つは姉妹都市締結30周年です。震災記念日にはバサーストの大熊日本庭園で植樹式が行われ、姉妹都市締結の日にはボビー•バーク 市長と吉田淳町長によって更なる姉妹都市関係締結の署名が行われました。尚大熊では新しい公園に桜の木が植えられました。

バサーストは大熊との有意義な結びつきと姉妹都市関係を誇りに思っています。そして、この前向きで大切な絆が末長く続き、両方のコミュニティーを豊かにすることを望んで止みません